Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://caskstandss.blog110.fc2.com/tb.php/102-1813ddb0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

慰安婦決議

日本と韓国・北朝鮮の問題だと思うのですが、何故アメリカが出てくるのですか?新...
日本と韓国・北朝鮮の問題だと思うのですが、何故アメリカが出てくるのですか?新聞を最近読まなかったのでいきなりこのような話が出て正直驚いています。質問が荒れないよう他の書込みへの批判(バカ・アホ等)・日本の一方的批判や擁護等は避けた中立的コメントを望みます。また上記理由から一部の方々(rauraura5777さんなど)からの書き込みもご遠慮願います。尚、結果は投票にて選ばせて頂きます。-------慰安婦決議案、可決の公算=26日採決へ-米下院外交委6月19日1時0分配信 時事通信 【ワシントン18日時事】米下院で審議中の従軍慰安婦問題に関する対日謝罪要求決議案が、26日に外交委員会で採決される見通しとなった。複数の議会筋が18日、明らかにした。決議案の共同提案者は140人に上るなど与野党に支持は広がっており、外交委だけでなく、本会議でも可決される公算が大きい。 関係者によると、ラントス外交委員長(民主党)は16日にロサンゼルスで開かれた会合で、決議案を26日に採決すると言明。委員長自らも同案を支持する考えを示した。 決議案は1月末に日系のマイク・ホンダ議員(民主党)が提出。慰安婦問題での日本政府の公式謝罪や将来世代への教育などを求めている。 これに対し、日本政府は議会側に採択回避を要請し、安倍晋三首相も4月下旬の訪米時に議会指導者との会談で元慰安婦へのおわびを表明した。しかし、その後も下院で支持は拡大しており、採択されれば、首相にとって外交上の痛手となるのは必至だ。 (続きを読む)



ソウル 慰安婦決議で集会
NHK
アメリカ議会下院が従軍慰安婦問題で日本に公式な謝罪を求めるなどとした決議案を可決したことを受けて、ソウルの日本大使館の前では、元慰安婦の女性や支援者が集会を開き、日本政府に対して速やかに決議を受け入れて謝罪するよう求めました。(続きを読む)


官房長官 慰安婦決議は残念
NHK
塩崎官房長官は、閣議のあとの記者会見で、アメリカ議会下院が、従軍慰安婦問題で日本に公式な謝罪を求めるなどとした決議を初めて行ったことについて「残念なことだ」としたうえで、今後も日本政府の立場に理解を求める努力を続ける考えを示しました。(続きを読む)


慰安婦問題、日本の対応に満足=謝罪要求決議支持せず-米政府
時事通信
【ワシントン31日時事】ケーシー米国務省副報道官は31日、下院が従軍慰安婦問題に関する対日謝罪要求決議を採択したことについて、記者団に対し、「ブッシュ大統領と安倍(晋三)首相はこの問題(慰安婦問題)を話し合い、大統領は日本側の対応に満足の意を表明して ...(続きを読む)



米国下院議会へ陸続と抗議文
昨日7月30日、貴殿が議長を勤めるアメリカ下院は、日本政府に慰安婦を性奴隷にしたことを正式に謝罪することを求める決議案を可決した。これは、将来のアメリカの歴史において類まれなる恥ずべき愚行として記録されること必定の愚かで不当極まりない決議 ...(続きを読む)


参院選の翌日に慰安婦決議案採決ね
このようなデタラメな認識を土台にして書かれた日本を非難する内容の『慰安婦決議案』。この決議案は先日、米国下院の外交委員会を通過しましたが、その後どうなっているんでしょうか。こちらをご覧下さい。(毎日新聞から以下引用). 慰安婦決議案:米下院 ...(続きを読む)


米下院 従軍慰安婦決議を採択 その時、主要メディアはどう伝えたのか?
与党・共和党を中心に慰安婦決議が日米関係に悪影響を及ぼすことを懸念する見方も強く、31日の下院外交委ではブッシュ政権が主導する「対テロ戦争」への日本の貢献を評価する決議案が可決される見通しだ。 米議会では過去に慰安婦決議が4回提出された ...(続きを読む)




ハゲからの生還育毛・発毛大作戦!!生えなければ全額返金

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://caskstandss.blog110.fc2.com/tb.php/102-1813ddb0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。